Anna Jacquin

sangai

 ’’指輪’’ このワードで皆さんは何を思い浮かべますか?
結婚指輪、祖母や代々受け継がれてきた指輪、記念日の指輪など。。。

記念日やお祝い事、何かを取り決めすること、その象徴としても使われる目に見える契約のような。。。
今回はその常識を一から覆すジュエリーブランドをご紹介致します。
Anna Jacquinでもお取り扱いさせて頂いております、 ジュエリーブランド「sangai」。

コンセプトは

無機質、建築、これら2つのキーワードを軸とし基本的コンセプトとしている。
常識や固定概念にとらわれず、今をジュエリーに表現したデザイン。

デザイナーは小斎平 紫穂さん(shiho kosehira)末武佑也さん(yuya suetake)。
元々は空間デザインを勉強されていたが、自分が欲しいジュエリーがないことに気づき、独学で彫金を学び、「sangai」を立ち上げられました。
お二人が生み出すジュエリーは独創性溢れるデザイン、そして意外性のある素材との組み合わせです。
セメントやワイヤーなども巧みに使いこなし、今までジュエリーでは見たことのない細いなめらかな曲線や金属と金属を縫い合わせたようなデザイン、
天然石の代わりにセメントなど革新的デザインが目立ちます。

sangaiのジュエリーで何と言っても目につくのが’’形’’。
そんなの当たり前。と思われる方も多いと思いますが、身に付けるだけではなくただただ机の上に置いているだけでも’’それは’’自立しているのです。
それは人によってアクセサリーにもアートにもそして建物のようにも見える。
そしてそれを身に付ける瞬間は、自立されたものに命が宿る。そんな例えをしたくなる瞬間なのです。
私が思うにジュエリーを建築という観点を通してみたお二人だからこそたどり着けたものなのだと思います。

このsangaiを気軽にご覧いただくにはsangai HPかsangai official Instagramをがご覧ください。
Instagramではデザイナー小斎平さんの指輪事情が。
sangaiのファランシリングなどを使い、一つの手に約5~7個の指輪を身につけられている為、
組み合わせ方も毎度違うので見ていて楽しくなります。
小斎平さんが薬指に合う指輪が2つしかないとのこと。
普段何気なく使っている手にもその人が生きてきた証や生まれつきの形があると思うと見る目も変わってきますね。

それではAnna Jacquinでお取り扱いのsangai指輪をご紹介。canadian-pharmacy24-7.com/buy-cialis-online