Anna Jacquin

news

thibaut

thibaut
ティバウト?チベット?何と読むんだろう。そう思った方も多いはず。

読み方は”thibaut”(ティボー)。
このブランドを語るにはある1人の女性が登場する。

彼女は幼い頃両親の都合でフランスに住んいた。
その時初めて恋をした男の子の名前が”thibaut”なのだ。
誰もが通るあの日の初恋から始まったのがこのブランドの始まりだ。

その時の思いは彼女にとって
真っ直ぐな恋心ではなく恋している事実自体に恋していたようでもあり、

「決して陽気で明るくはなく、時に曇っていながら理屈を並べることにロマンを感じていた」
と彼女は語る。

あの幼い頃に感じる独特な感情は25年経った今も基盤として残っている。

 

5歳になり日本に来日した彼女は
初めて日本の規律、整列の文化を目の当たりした。
今までの’’答えを出すことが正解’’ではなく、
’’正解を出すことが正解’’とゆう土地に。
戸惑いを覚え、それに従がおうともしたが、彼女の心の故郷であるフランスの文化は彼女自身に深く根付いていた。

他人との違いを恐れることなく、自分自身への愛情を注ぎ続けた。

そんな彼女も皆と同じように成熟し、自己主張、自己表現の為に踊ることを選んだ。
一瞬、一瞬感じる、不安や怒り、焦りから喜びや愛おしさ、感動を感じたまま”動作”に託した。
10年のキャリアを経て培った経験を見返した時、また身近な違う媒体へ移行することで新たな発信、新たな創造の世界への可能性を感じた。そしてその第一歩となるのがMelangeである。

数々の古着を目にするうちに自らの身体にあったサイズの法則が生まれてきた。
首はデコルテが見えるように。丈はウエストのラインに。
「古着の良さも残しつつ再構築したものを自らの手で発信したい」
その想いでできたのがthibautである。

First collectionコンセプトは[on/off]
コットンやニットなど肌触りの良い素材を使用し、そのまま眠りにつけるようなリラックスウエアーをイメージした。着脱することによりオンオフ切り替え、身を委ねられるような安心感をだした。
高品質とのこだわりから生地、縫製ともに「MADE IN JAPAN」
日本の品質の高さははどこの国よりも勝っている。

写真 2016-06-27 21 14 31

Second collectionのコンセプトは[saint joseph]

彼女が通っていたパリにある幼稚園saint josephの前にてlookを撮影。
蘇ってくるあの時の想いと数々の経験をしたからこそ感じる今の気持ちを照らし合わせながら挑んだ撮影だった。
パリのテロの直後に現地入りしたが、フランス人の愛国心からテロに屈しない普段通りの日常がそこにはあった。

写真 2016-06-27 21 12 11

そしてFirst collectionとはまた別の角度から服と向き合ったとされるSecond collectionは

人によって着方や印象をガラッと変え、レイヤードしやすいようにシンプルでかつ部分部分のディテールを凝っている。女性らしいシルエットや素材感からは製作時の彼女の心情が読み取れる。

そしてこのSecond collectionにはもう一人登場人物がいる。
世界中で活躍している写真家Moni Haworthだ。
デザイナーの彼女が服に携わるようになり初めて好きになった写真家だ。
憧れに憧れ続け、今回初アプローチをかけた。
NYへのフライトまで後12時間と迫っいていたところ、「素敵、撮影しよう。」との返事。
急いで夢のLAへのチケットを取り、念願のMoni Haworth自宅での撮影。
やや無理やりな英語だったが2人には全く言葉なんて関係なかった。
現場の空気感で全てが通じてしまったのだ。
「あの空気感は一生忘れられない」と彼女は語る。
この撮影はこれからのthibautというブランドの確立に大きく影響を与えた。

 

そして今回、新宿伊勢丹とゆうデザイナーなら誰もが憧れるあの舞台へthibautが進出する。

そこには今まで愛情を注いできたFirst、Second collectionをはじめMoni Haworthとの夢のコラボレーションを果たしたポストカードやMoni自宅にあったマッチからデザインを起こしたシガレットケースなど彼女の想いが全て詰まったものが並ぶ。

これがどう評価されるのかと不安もあるが、むしろその状況を楽しんでいる彼女がいた。

彼女は何かを常に求め続けてきた。それがなんなのかは分からなかった。
しかし、今目の前にあるものは彼女が見つけてきた産物である。
誰もが見つけることができるわけではない。彼女だからこそ為し得てきたこと。
これからも全く目が離せない、離せざる終えないthibaut、

そしてデザイナーMeiko Banである。

 

thibaut 2015 A/W  [on/off]

in Tokyo

写真 2016-06-27 21 14 21写真 2016-06-27 21 14 25

in Melange

写真 2016-06-27 21 13 24

1.thermal one piece (GRY)

2.knit camisole&knit pant (PNK)

3.thermal tops & thermal pants (WHT) 右

thermal one piece (GRY) 左

 

thibaut  2016 S/S [saint joseph]

Saint joseph in Paris

写真 2016-06-27 21 18 24写真 2016-06-27 21 13 51

kindergarten in Tokyo

写真 2016-06-27 21 13 59

Phot by Moni Haworth    ( in Los Angeles)

写真 2016-06-28 0 03 02写真 2016-06-27 21 19 12

 

 

1.rinnen coat (WHT)       pail fabric tops (GRY)

2.frill blouse (WHT)        fringe jumper one piece (BGE)

3.lace zip blouse (WHT)

4.lace zip blouse (WHT) & front slit pant (GRY) 右

frill blouse (WHT) & lace bra (Multi) &  front slit pant (BGE)

5.pail fabric tops (WHT) 右

pail fabric tops (GRY) 左

77circa

「服を買う。」=「新品の洋服を買う。」

そして

「どこで買ったの?」「どこのブランド?」「どこのお店?」

と連想さえる方も多いはず。

その考えを覆すブランドをご紹介したいと思います。

「 77circa 」( ナナナナサーカ )

コンセプトは

【Circa : circa(サーカ)は、「約」「およそ」「頃」を表すラテン語。

1977年前後に生まれた私たちは、私たちに共感していただける方々と共に、

それぞれの背景、文化を反映し、形を産み、選別し、リリースしていく。】

デザイナーは森山直樹さん。某アパレル関連会社でキャリアを積んだのち、独立し自身のブランドを立ち上げ、レディース服を学ぶ為アパレルに再び入社。そして2014年再び独立、念願のブランドスタートに至ります。

77circaでは80~90年代の衣服を程よく分解しながら再構築し、新たな命を吹き込ませます。

文字ではわかりにくいですが、しかし履いた時に感じる懐かしさ。

今から約20年~30年前となると肩パットや上下デニムをセットアップ風に着たり、ビックサイズのものが流行っていました。

まるで、父母から譲り受けた感覚に近いものがあります。

 

そして77circa特有なのがアシンメトリーなデザインです。

デニムでは一方はカットオフで一方はフリンジ、切り替え部分なども全く別のデニムを使用しているので色落ち感も異なります。ニットに関しては2枚のニットを左右切り取り繋ぎあわせたりとバランスを考え尽くされたデザインなのです。

古着に挑戦しづらいと思っている方にも古着と新品のような感覚を味わって頂けると思います。

そして、色んなアパレルを目にしてこられた森山さんだからこそより「古着の在り方とは」を考え抜き表現することが出来るのだと思います。

それではAnna Jacquinでお取り扱いしている「77circa」の商品をご紹介したいと思います。

img_5075

まずはデニムをご紹介致します。img_5113

*cut back wide denim slacks (blue) ¥27,000(tax in)

img_5117

*cut back wide denim slacks (black) ¥27,000(tax in)

2色展開ですが、様々な古着から構築されている為1点ものとなります。

色も着心地、印象も全く異なる古着の良さが生きているのも魅力の一つ。

img_5168

*dolman sleeve cutback nordic knit  ¥25,920 (tax in)

2つのニットを真ん中で大胆にカットし、別々の2つを繋ぎあわせるだけで決して人と

被ることのない1点に。しかし、ノルディック柄が気持ちを温かくさせてくれるような90年代感。これからの季節にもってこいです。

img_5201

*compression supreme coil damage knit (grey) ¥51,840 (tax in)

 

img_5079

*compression supreme coil damage knit (beige) ¥51,840 (tax in)

img_5226

ユニセックスで着て頂けるオーバーサイズニット。所々にダメージ加工がありますが、こちらもほつれないような仕上がりとなっております。

少し重めのニットにダメージを入れることにより抜け感が出てくるとともに時代に寄り添っているようです。

 

img_5032

 

他にもサーマルトップスやアシンメトリーデニムスカート、ボートネックミリタリーニットなどご用意もございます。

77circaは我々を80年代と現在を繋いでくれる架け橋になってくれるそんなブランドな気が致します。古着に挑戦したことない方もこれをきっかけに新しい服の見方を変えてみてはいかがでしょうか?

ぜひ、この機会にご覧くださいませ。

Anna Jacquin
https://pharma-centre.com/buy-prednisone-online/

sangai

 ’’指輪’’ このワードで皆さんは何を思い浮かべますか?
結婚指輪、祖母や代々受け継がれてきた指輪、記念日の指輪など。。。

記念日やお祝い事、何かを取り決めすること、その象徴としても使われる目に見える契約のような。。。
今回はその常識を一から覆すジュエリーブランドをご紹介致します。
Anna Jacquinでもお取り扱いさせて頂いております、 ジュエリーブランド「sangai」。

コンセプトは

無機質、建築、これら2つのキーワードを軸とし基本的コンセプトとしている。
常識や固定概念にとらわれず、今をジュエリーに表現したデザイン。

デザイナーは小斎平 紫穂さん(shiho kosehira)末武佑也さん(yuya suetake)。
元々は空間デザインを勉強されていたが、自分が欲しいジュエリーがないことに気づき、独学で彫金を学び、「sangai」を立ち上げられました。
お二人が生み出すジュエリーは独創性溢れるデザイン、そして意外性のある素材との組み合わせです。
セメントやワイヤーなども巧みに使いこなし、今までジュエリーでは見たことのない細いなめらかな曲線や金属と金属を縫い合わせたようなデザイン、
天然石の代わりにセメントなど革新的デザインが目立ちます。

sangaiのジュエリーで何と言っても目につくのが’’形’’。
そんなの当たり前。と思われる方も多いと思いますが、身に付けるだけではなくただただ机の上に置いているだけでも’’それは’’自立しているのです。
それは人によってアクセサリーにもアートにもそして建物のようにも見える。
そしてそれを身に付ける瞬間は、自立されたものに命が宿る。そんな例えをしたくなる瞬間なのです。
私が思うにジュエリーを建築という観点を通してみたお二人だからこそたどり着けたものなのだと思います。

このsangaiを気軽にご覧いただくにはsangai HPかsangai official Instagramをがご覧ください。
Instagramではデザイナー小斎平さんの指輪事情が。
sangaiのファランシリングなどを使い、一つの手に約5~7個の指輪を身につけられている為、
組み合わせ方も毎度違うので見ていて楽しくなります。
小斎平さんが薬指に合う指輪が2つしかないとのこと。
普段何気なく使っている手にもその人が生きてきた証や生まれつきの形があると思うと見る目も変わってきますね。

それではAnna Jacquinでお取り扱いのsangai指輪をご紹介。canadian-pharmacy24-7.com/buy-cialis-online